カードキャッシング 消費者金融

もしもの時に頼りになるカードキャッシング

カードキャッシングなら消費者金融

カードキャッシングのサービスを提供している金融機関には
様々なものがありますが、やはり中心的な役割を果たしているのが
消費者金融です。

カードキャッシングのサービスを始めたのが消費者金融で、
現在では他の金融機関も参入してきていますが、
やはりシェアも大きいですし役割も大きいと言えるでしょう。

カードキャッシングの特徴

消費者金融のカードキャッシングの特徴というと、
まず審査が緩いことが挙げられます。
急いでいるときには審査に落ちると困りますから、
急いでいる人にとっては適していると言えるでしょう。

また、正社員として働いていない人にとっては、
審査が厳しいと借入ができない場合もあります。
このような場合にも適していると言えるでしょう。

デメリットとして考えられるのは、金利が少し高めに設定されていることです。
金利が高いですから利息の支払金額も大きくなりがちです。
また、総量規制の対象となりますから、大きな資金を借りようと
思ったときには収入を証明する書類の提出が必要となります。

このような特徴がありますが、これは全体的な傾向ですから、
それぞれの消費者金融によって色々な違いはあります。
また、銀行のカードキャッシングの中には独自にサービスを
提供するのではなくて、消費者金融が債務保証をしている場合もあります。
このような場合には銀行のカードキャッシングとは言っても、
実際には消費者金融のカードキャッシングとそれほど大きな遅疑がない場合もあるのです。

総量規制をどうとらえるか

消費者金融もしくはクレジットカードのキャッシングを利用する場合に、
適用されるのが総量規制。2010年から施行されたこの法律については、
かなり浸透してきた感がありますが、改めて簡単に触れますと
年収の3分の1までに借り入れを制限するというもので、導入された主な目的としては、
当時問題となっていた、返済能力にそぐわない借り入れ過多によって、
多重債務に陥ってしまった人をこれ以上ふやさないことでした。

すでにある程度の金額を借り入れている人にとっては、
さらに借り入れることができる金額が制限されてしまうという規制になってしまいますが、
見方を変えると、そのラインまでなら比較的緩い審査で、
借りることができる決まりであるともいえます。

そういった意味で、総量規制の範囲内であれば、融資する業者としても
審査を簡略化できることから、審査時間を短縮でき
キャッシングをより身近で手軽なものへと変貌させる効果もあったともいえます。